勝手に癒される

シッター 図鑑 コラム ニュース


「癒される」というコトバが嫌いです。
なんだか自分勝手な感じがして。

よく、
「仕事で疲れて家に帰るじゃない?そうすると犬が
飛びついて、「おかえり!」してくれるワケよ。癒されるってカンジー」
と言うようなことを聞きます。

そういうのを聞くと、
「ナニ?あなたそんなに傷ついてるの?そして何か吸い取って
治しちゃってるわけ?」
となんとなく反感を覚えます。
まあ自分の解釈が少々おかしいのも承知です。

でも、癒される人も、ずいぶん勝手なもんだなあと思います。
この話の場合ですが、だって、犬にはそんな意図はないでしょう。
一日中家で留守番して、死ぬほど寂しいワケですよ。
退屈だったわけですよ。そこに、唯一の権力者である
飼い主が帰ってきて、「早く自由にしてくれ!早く遊んでくれ!」
と必死でせがむ様を見て、「あー癒される」などとのたまっているのです。

たとえるなら、刑務所に出かけていって牢屋の前でブラブラして、
受刑者が「出せ!コラ!なにブラブラしとんじゃ!」
と騒ぐ様子をみて、「あー癒される」と言っているようなものです。
サドか。
相手の絶望を自分の力に!って感じでしょうか。

まあ癒される気持ちになるのは勝手ですが、
犬の気持ちのケアもちゃんと考えてあげてくださいね。

自分の場合、そのコトバになんとなく反感を覚えてしまいます。
「和む」くらいにならまだいいかな、と思う毎日です。
それくらいの静かな関係がちょうどいいような。

2006年07月11日(火)

同じカテゴリの記事 犬のこと

犬のこと
スポンサーリンク
ドッグシッターじるば 名古屋市のドッグシッター ペットシッター

コメント