虹の橋

シッター 図鑑 コラム ニュース

28_1

だいぶ前ですが、「虹の橋」というのが流行っているとニュースで
やっていました。英語版は下に。簡単に翻訳してみました。
もう1パターンあるのですが、それはまた今度。
感想はまた別に書きます。


「虹の橋」
天国の少し手前に、「虹の橋」と呼ばれる場所がある
生前、誰かと特に親しくしていた動物たちが死ぬと「虹の橋」へ行く
ここにはみんながいっしょに遊べるように草原、丘がある
十分なゴハン、水、日差しがあり、みんな暖かく快適にすごしている

病気だったり、年老いていた動物たちも、みんな健康で元気にもどっている
怪我をしていた犬たちも、すべて丈夫で健康な体をとりもどす
夢で見る過ぎ去った昔のように。
かれらは、一つのことだけを除いては、幸せで満ち足りている
それは、後に残してきた特別な誰かが居ないことが寂しいということ

かれらは一緒になって走り回って遊んでいる
しかし、中の一頭が突然足を止め、じっと遠くを見つめる日がくる
目を輝かせ、喜びに体をふるわせる
突然、彼はみんなから離れ、草原を飛ぶように、早く、早く走っていく

あなたを見つけたのだ。そしてあなたは特別な友達とついに再会する
再会を喜び、抱き合い、そして二度と分かれることはない
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたは愛しい頭を両手でなでながら、
信頼に満ちたその瞳を覗き込む
人生から長い間失われていた、
しかし心の中では忘れたことがなかったその瞳を。

そしてあなたたちは一緒に「虹の橋」をわたって行く…

-詠み人知らず-

・原文
Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together…

*Author Unknown*

2006年05月07日(日)

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集

コメント

  1. […] 「虹の橋」について自分が思うこと。 (虹の橋) […]