過保護

シッター 図鑑 コラム ニュース

この仕事を続けてきて、今までいろんな飼い主さんに会ってきました。
無関心な飼い主、関心の高い飼い主、上手な飼い主、下手な飼い主、わかってない飼い主、どうして飼うことにしたのかわからない飼い主・・。
いろいろですが、どうかなあと思う飼い方に、すごい過保護、というのがあります。
その飼い主がいなきゃもう生きていけない、というくらいに犬を人に依存させて。

ゴハンは必ず手であげないと食べなくて、移動は抱っこ。トイレはダブルワイドサイズで小型犬でも一度したシートでは絶対にしない・・とか。
なんでそんなやっかいにしたいんだろう?って思いますよ。
思うに、手間がかかるようにすることで、「自分が居ないとダメなんだ」「必要とされている」と感じたいのかな?と。
まあ誰しも必要とされたいという気持ちはあるとは思うんですけどね。自分もバルが居なくなったから必要ないなあと思ってますし。
でもどうなんでしょうね。なんか、子どもが独立するのを阻むために足を切り落として手元においとく、とかそんなノリに近いような。
しょっちゅう病院に行って精密検査して、なにか悪いところがあるとそれのクスリを飲ます。
そうするとその副作用で別のクスリも。クスリ飲まなくなったからパンとかソーセージを・・・なんてやってる人もいますし。
腎臓とか肝臓悪いって出てるのに塩分濃いものあげるなんてすごいなあと。
結局犬のため・・ってわけじゃあ無いんでしょうね。
何事も程々が良いかと思いますよ。自分は医者が万能だなんて全く思いませんし。

同じカテゴリの記事 しつけ、世話, 大事

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集