マッスル・モンク

その他
シッター 図鑑 コラム ニュース

たまには映画のことなど。
すこし前、深夜に「マッスル・モンク」という映画がやっていたので、見てみた。

自分はそう映画を見る方ではなくて、一応メジャー映画は一通り見るものの、
小難しい映画はあまり見ない。単純なアクションとか、ファンタジーとか好き。
外国映画では、「少林サッカー」が最高傑作だと思っているし、
邦画では、「化粧師」という映画の雰囲気がとっても好き。そんな程度。

カンフー映画はこれまた大好きで、今は年取ってきたジャッキーチェンも
ずっと好きだし、ジェット・リーの動きも、すごすぎてゾクゾクする。
「グリーンデスティニー」をはじめとする、映像とワイヤーアクションが
美しい映画も結構好き。「英雄」、「LOVERS」(まあまあ)等々。

その流れで、「バレット・モンク」という映画を見たことがあって、
この「マッスル・モンク」も似たような映画かな?と思って。
そんなわけで見てみた。

しかーし。これが見てびっくり。
なにしろ、アンディ・ラウがムキムキの肉襦袢を着ている。しかもストリッパー。
いかにも不自然な襦袢で、「これはきっと肉襦袢を着ている役なんだよな…」と
思ってしばらく見るものの、どうやらそれは彼の肉体というになっているらしい。
うーん…。ちょっと思っている映画と違うかも…。

内容をかいつまむと、
アンディ扮する、元僧侶のムキムキ男、「ビッグガイ」は、
恋人を殺されたことで、ある種の悟りを得て僧侶をやめた男。
そして、その時に「生き物が死ぬ理由(前世の業)」が見えるように
なった言う設定。
つまり、「生き物が現世で死ぬ理由は、前世で悪さをした報い」で、
彼にはその悪さの内容が見えるってこと。
で、ある女刑事の前世は、「中国人を虐殺した日本兵」であるということが
見えてしまって、助けようとして…というようなお話。

ものすごく変わった話。
話の根底に流れるのは、「輪廻」「業(カルマ)」「因果応募」の
バリバリ仏教じみた渋く深ーい概念。
でも、それを表現する映像は、「肉襦袢」「ワイヤーアクション」
「軽いギャグ」という、まったく必然性のない謎。
なんか表現と内容がかみあっていないような…。

まあそんな眩暈のする内容でありながら、ついつい見てしまいました。

興味があったらどうぞ。

同じカテゴリの記事 その他

その他
スポンサーリンク
ドッグシッターじるば 名古屋市のドッグシッター ペットシッター

コメント