さよなら

シッター 図鑑 コラム ニュース

p1060153
ついにこの日がやってきました。昨日までは元気にしていたバルが今日死にました。
朝4時前に急に発作を起こして、それからしばらくは普通にしていたのですが、その後具合が悪くなって。
いい飼い主じゃなかったかもしれないね。ごめんね、バル。
生きていく理由をほとんど失いました。

同じカテゴリの記事 うちの子, 大事

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集

コメント

  1. ゆ~みん より:

    いつか必ず迎える日・・・
    覚悟をしていたつもりでも悲しいものですね
    私も昨年ジョンを見送りましたからお気持ちはよく分かります

    • ken より:

      ありがとうございます。問題は自分の気持ちだけですけどね。なにも考えないようにしています。
      昨日ジルといっしょに送ってきましたが、帰ってからジルがずっとバルを探しています。
      家にいれば外にいるんじゃない?と。外に出ればそのへんの車の中にいるんじゃないの?それとも家で待ってるの?と。
      でもジルがいてよかったです。

  2. 三谷典子 より:

    覚悟していても失うのは悲しいですね。とても残念です。私もなかなか寂しさから抜け出せないでいますが、人は無責任にまた飼ったらなんていいますが、ぐう以上のワンちゃんがいるとは思えませんしもうわたしも年ですしあの悲しみを二度と経験したくないので!
    いろいろなことを思い出し後悔もしたりしますが、一番元気で楽しかったことでその思いを打ち消すようにしています。縁あって私たちのところに来てくれたのです。幸せだったに決まってますよ。元気だして乗り越えてくださいね。

    • ken より:

      ありがとうございます。うちはどのみちジルもバルも最初から飼おうと思って飼ったわけではないですし、今後もどうしようもない事情が無い限りは飼うつもりはないです。
      それだけこいつらには強い縁があったんだろうな…と思ってます。
      特にバルはこの仕事をはじめたとき、今のアパートに住み始めたとき、大きな転機をいっしょに過ごしてきました。
      いない生活というのを経験したことがなかったので、大きな変化になります。
      居なくなってももとに戻るだけ…とは思いますが、その居なかった時の「もと」がないです。

  3. 三谷典子 より:

    お返事いただいて、少し安心しました。私も何匹かのわんちゃんと暮らしましたが、自分の意思で飼った子はありません。もらわれてきた子ばかりですが、きっと家に来て幸せだったと思いたいです。いなくなって元にもどるだけならこんな楽な事はありません。何年間の歴史ありますもの!自分の心の中で生きつづけていると思えるようになるまで、頑張ってください。わたしは、7か月たったいまでも哀しくて涙がでます。

    • ken より:

      ご心配いただいてすみません。ありがとうございます。珍しく気力が低下してるのは確かですが、元気です。たぶん普段と変わりません。
      それよりバルがいなくなると同時に幸か不幸か忙しくなって、今日で一段落、明日明後日がまた忙しいのでなにも考えてないという感じでしょうか。
      事故とかミスとかでなく、ぐーと同じく、「どうしようも無かった」なので、残念ながら責める対象もありませんし、悔やむこともありません。
      ジルはいますしね。まだしばらくはジルを支えていかねばなりません。

  4. 三谷典子 より:

    良かったでーす。私も頑張ります。

  5. より:

    ご無沙汰しております
    豊明の原です。
    今日久々にサイトにお邪魔してびっくりしました。
    バル君の死去
    悲しいですね(T_T)決して避けて通る事の出来な現実
    リィムの訓練を受ける時にバーニーズは短命犬だから8年前後位が寿命なんだよと聞かされそれ以来リィムが誕生日を迎えるたびにあ~また1年たってしまったと心が重くなるのに
    いなくなってしまうと・・・
    月に2~3回野口さんサイトにお邪魔していたのに私の方は人間さんですが
    知り合いなどの死去が続いてばたばたしているうちに今更ですが
    元気出してくださいね。ってもう一カ月もたっているから元気かな(^◇^)
    リィムは今年5歳になります。
    最近、獣医さんに10度の肥満だと言われダイエットの毎日です。
    カリカリご飯と1日1本(小さい)のガムしか食べて無いのに(T_T)

    • ken より:

      コメントありがとうございます。
      よその子とくらべても、本当に若々しかったので、もっと生きられると思ってました。甘かったですね。
      ほとんどの子は寿命が近いとなんとなーくわかるのですが、バルは全然わかりませんでした。駄目ですね。
      まあもともとそんなに元気な人じゃないのであまり変わりませんが、バルの居ない生活にも慣れてきてました。
      でも、先週さらにショックなことがあって今度ばかりはかなりの落ち込みです。ジルじゃないですけど。
      気をつけていても逝くときは逝くと思い知りました。
      もうそんなに経ったんですね。リィムもいつまでも元気でいさせてあげてください。
      思いっきりセーブして過ごすか、やりたいことをやらせるかはなかなか難しい問題だとは思います。
      人の食べ物をあげるとかはよくないですけど。ダイエットは運動よりも食べ物がやっぱり肝心ですね。
      誰も余計なモノをあげていないのであれば、運動量に対してはフード量が多いかもしれませんね。