ホンのちょっとの工夫

シッター 図鑑 コラム ニュース

アーサー
お散歩代行の時、お客さんに
「自分が散歩に行くより満足するみたいなんだけど、なんで?」
とたずねられることがあります。


そうかな?と思い、「普通に散歩してるだけですよ」と答えるんですが、
考えてみればまあ普通の人とは違うかもなあと思います。

まずは歩くスピードが違いますね。
もともと歩くのは早い方ですが、そうではなくて、犬に合わせて歩かないってことです。
その子にもよりますが、目的地に着くまであまり匂い取りもさせませんし。
テクテク歩きます。
犬が「こっち行く!」と言っても聞きません。
自分が行きたい方に行きます。

あと、ほんの少し工夫をしているんですね。飽きないように。
ルートを良く変えますし、同じルートでも、逆周りをしたりちょっとだけ。
同じ歩くにしても、スピードを変えながら歩いたり、蛇行してみたり。
あとは歩いていて急にお座りさせてみたりとか。

バルくらいちゃんと歩くことが出来る子であれば、走ったり止まったり、
くるっと方向転換したり。
そんなことをするだけでも、しっかり位置をキープしてついて来るのに必死です。

体もそうですが、精神力も使うので、心身ともに満足感があるようです。

よく、何時間も散歩に行くと言う方も見えますが、そんなに長く行っても体だけ疲れてるってのはありがちですし、短い時間でもそれなりに集中して楽しませてあげるのもいいかもしれません。

同じカテゴリの記事 しつけ、世話, ドッグシッターのこと, 大事, 犬のこと

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集