義務教育

シッター 図鑑 コラム ニュース

じ
先日、1年ぶりくらいにシッターを頼まれたお宅があります。


前回行ったのはその子が4ヶ月の頃。散歩に行き始めたばかりの頃です。

その時から感じていたんです。
この子はあまり触ってもらっていない…落ち着きが無い…と。

そもそもそのお宅は忙しい仕事をしているのに一人暮らし。
はっきり言って犬を飼う環境にない、と言えます。

でも飼ってしまったのなら仕方がないので、シッターの時に十分に注意点と、接し方についてのアドバイスをしたつもりでした。

でもそれから一年経って。杞憂は現実となりました。
もう明らかに、寂しい時間が長くて、そして帰宅すると大騒ぎして盛り上げる。
で、そのまま終わりって感じの日常を送っているのが見え見え。
ものすごく経験不足で、感情の起伏が激しい子になってしまっていました。

もっと穏やかに接してあげてくれと。
外にもっと慣らして、外でも静かな時間を作ってあげてくれと言ってあったのに。
ほんの短い時間でいいのに…。

今回に関しては事前に手を打てたはずだったのに。
もっと干渉すべきだったのかと後悔の限りです。

どのみち、あの仕事では絶対に犬を飼うべきではないのだな、と思います。
拘束時間が長く、不規則。そしてハード。その上一人暮らし。

思うんですが、ペットショップで売るときに、一定の教育を受けないと飼えない様になってればいいなと。
飼うにあたっての心構えとか、飼ってからの事とか。
なにより飼うまでの条件面をもっと厳しくしないといけないと思います。
そうホイホイ売るんじゃないよと思いますよ。本当に。
そして飼ってからの接し方をまったく知らない、もしくは本とかで読んだだけのケースが多いので、気づいたときには犬の精神状態は手遅れって状態も多いです。

あとでサポートするより、事前に手を打ってもらいたいです。
その方が確実です。絶対。

同じカテゴリの記事 しつけ、世話, ドッグシッターのこと, 大事, 犬のこと

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集