犬飼いの常識

シッター 図鑑 コラム ニュース

常識など存在しないというのが世の常識かもしれませんが、
犬を飼ってからの日常やることなどについて少し書きます。飼う前とかはこちら参照。

毎日やること

ブラシ等のケア、身だしなみ。

うちは朝夕二回以上はブラシします。長毛の子は毛玉が出来やすいので特に注意。
基本はスリッカーがあれば十分。レオみたいな短毛であればラバーブラシも気持ちいいかも。
爪切りも狼爪だけでいいので、たまにやってあげましょう。ギロチンが安全です。
耳掃除もやってあげましょう。垂れ耳は蒸れやすいです。こういうローションを使うと良いです。
なければコットンで拭きとる。綿棒で耳垢を押し込んでしまうのはやめましょう。
たまに耳、肛門、足まわりの毛もカットします。

ゴハン

なるべく良質のフードをあげてください。あまり安いのはどうかな?と思います。
着色料が使ってあるのも意味不明です。犬は色わかりませんから。
手作りがベストだとは思いますが、手間とか栄養素とかいろいろ大変なので、出来る方だけで。
人間の食べ物はあげないほうが安全です。いろいろ駄目な食品もあります。
いろいろ試してみて、その子の体質にあったものを選んであげてください。
迷ったらユカヌバくらいでいいいと思います。ヤラーとかあげたことないです。
うちはロイヤルカナンの療法食です。高いです。
うちは朝夕二回あげています。やはり一度でドカ食いとかだと内蔵に負担がかかるようです。
年をとったら水を混ぜてあげたほうがいいような感じです。
胃捻転というのがあるので、食事後は必ず安静に。散歩前はやめたほうがいいです。
あっという間に死にます。

水換え

意外と飲み水を無くなるまで何日も代えない方がいますが、やはりよくないです。
一日二回くらいは換えてあげましょう。ちなみに水道水のほうが安全な気がします。
ミネラルウォーターは結石になりやすいかもしれません。

お散歩

犬のストレス発散、飼い主とのコミニュケーションのために必要。うちは一日4回。
ちょっと多すぎです。
トイレについては最近は「家でさせてから散歩に出ること」という指導が主流。
ただ、家でしか出来ないのもいろいろ問題があるとは思います。
大型犬なんて特にキツイですね。
る程度外でするのもアリだとは思いますが、マナーに十分気をつけましょう。
他人の家の敷地、出入口近辺の電信柱、人が座ったり手入れしている植え込み等ではさせないように。
ウンチはもちろん拾って、できればおしっこの場合も水をかけましょう。
犬は暑さに弱いので、夏場は湿度や地面の温度に注意してあげてください。簡単に死にます。

月に一回

フィラリアの薬

必須。うちは2,3月以外はずっとあげてます。防げるものは防ぎましょう。

ノミダニの薬

草むらを歩くので毎月。付く前にやりましょう。うちはフロントラインプラスを使っています。
ホームセンターや薬局で買えるのとは効果がまったく違います。高いですけど。

シャンプー

だいたい月に一回くらい洗います。しっかり乾燥させないと皮膚病になります。
洗いすぎも皮膚を痛める原因になります。
人間用のシャンプーは駄目です。皮膚病の原因となります。
この時に肛門嚢絞りにチャレンジします。
自分が絞って出てくるくらいなら相当たまってるってことです。

年に一回

狂犬病予防接種

実質必要ないとは思いますが、義務なのでやっておきましょう。
事故があったという話も特には聞きませんし。何かあった時に問題にならずに済みます。

混合ワクチン

これについてはなかなか難しくて、でも命にかかわる病気を防ぐことが出来るものです。
子犬は絶対やりますが、そのあと果たして一年で免疫が切れるのか?とかいろいろあります。
うちは2年に一度くらいにしてます。
5種くらいで。必要ないワクチンはやらないほうがいいです。

同じカテゴリの記事 ガイドライン, 大事

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集