名古屋市動物愛護センター、質問編

愛護センター
シッター 図鑑 コラム ニュース


さて。
先日愛護センターにお邪魔した際に、いくつか質問を
させていただきましたので、その回答です。


先日のコラムで書いた分+いくつか寄せられた質問です。
ただ、数値面がからむものについては、近日中に
公式ホームページで公開されるとの事でしたので、とりやめました。
また、意見についても、「個人で、と言ってもなかなか難しい問題が
あるので」との事ですのでとりやめています。

Q1.愛護センターで処分される動物には、実験動物にまわされたり、
動物園で餌にされる子もいると聞きましたが?
A1.そんなことはありません。

Q2.動物を連れてきた飼い主に、殺されるのか、
里親をみつけてもらえる可能性があるのかをその場で告げるのでしょうか?
A2.まず殺されると告げます。どのような説明をするにしても、飼い主が
希望する限りは引き取らなければならないと決まっています。

Q3.譲渡される子犬は保護されたもの?保護された親犬が身ごもっていたものでしょうか?
A3.飼い主さんに連れてこられた子が多いです。野犬の子もいるにはいるのですが、
人になつかないケースが多いです。譲渡したもののかえって気の毒な場合もあります。
また、子犬の譲渡の抽選に漏れた方を対象に、成犬の譲渡を薦めてみる
という案も検討中です。

Q4.成犬譲渡後の飼育実態調査についての実情を教えてください。
A4.すべての家庭の犬について訪問調査ができているわけではありません。
アンケートで調査を行っているケースもあります。数件はダメになってしまったケースもあります。
また、譲渡以前に訪問調査を行う回数の方が多いです。

Q5.処分風景を撮影させてもらえませんか?
A5.基本的にはNGです。ただ、見学希望者を集めて希望を出してもらえれば
機会をつくります。

Q6.成犬譲渡で、他の自治体の犬を引き取れないと聞きましたが?
A6.現在整備中ではありますが、そういうケースもあります。
実際問題、搬送、譲渡前後の管理等々、
クリアしなければならない問題があります。
国の方針としては境界をなくす方向ですすめるようになっています。

以上です。
大変ためになりました。
お忙しいところどうもありがとうございました。

愛護センター
スポンサーリンク
ドッグシッターじるば 名古屋市のドッグシッター ペットシッター

コメント