構音障害

参考

声が透る きれいな波形は声がとおりやすい

母音(あ)の基本周波数、フォルマント周波数の測定

母音の雑音感 雑音感の有無は基底周波数と高調波でできる横縞のコントラストに表れるようです。

ものまねと声紋

論文

医学文献検索サービス -メディカルオンライン

73.-パーキンソン病患者の音声障害-声のfreezing現象-

120.運動障害性構音障害の構音の評価-ピッチ周期に同期した分析-

121.音声波形による構音障害の評価法’95-波形の包絡線と微細構造からの評価-

書籍

言語聴覚士テキスト V-3-2の目次。

図書館のリサーチ・ナビ

音楽科学生と一般学生の歌声の音響分析と評価–シンガーズ・フォルマントを指標として

変声期音声のピッチとフォルマント

母音のフォルマント周波数と発語明瞭度との関係について

新しい音楽療法 : 実践現場よりの提言

アメリカ・ボストン便り 音楽療法の現場から–「違い」を超える音楽療法の可能性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする