ニクタイカイゾウ

シッター 図鑑 コラム ニュース

70_1

少し前から、「犬には生肉」が流行しているそうです。
なんでも、野生の頃に食べていたものがいいからとか。

まあ家畜化して何千年と経っているのでそれがいいかどうかは
知りませんし、対極のベジタリアンで生きている犬もいます。
とにかく流行っているそうです。

アメリカでも数年前にそんな話を聞きました。
生の肉、骨、内臓、皮など全部冷凍しておいたのを
あげるんだとか。すごいですよね。くさそうです。

で、本題に入る前に、基本として犬の食事。

中毒をおこすもの
・タマネギ、ニラ、ニンニクなど。ニンニクは少量なら食欲増進に良いらしい
・チョコレート

あまりあげない方がいいもの
・塩分、糖分、脂分の多いもの
・ピーナッツ、しいたけ、かに、えび、イカ、貝類-消化不良を起こす

アレルギーがある子が多いとされるもの
・牛肉
・大豆

といったところです。

で、本題ですが、ドッグフードから生肉食に変える際、
しばらくの間、毛は抜けるし、下痢はするし、すごい状態になるらしいです。
でも、それが終わるとコートはツヤツヤ、とっても健康になるんだとか。

すごいなーと思っていましたが、試す機会はないと思っていました。

それが先日。それに近いことが。
夏休みの間一ヶ月間のシッターのお宅でのことです。
普段、その家庭では味噌汁ゴハンをあげておられたそうです。
でも、シッターのときはちょっと用意が難しいので、
ドライフードをあげることにしました。お出かけ一週間くらい前から
少しずつ混ぜてもらって、いざシッター開始の日。

行ってみると、それはそれはひどい有様でした。
血便ピーピーで、呼吸も荒くぐったりして。
正直、かなり心配ではありましたが、2日ばかりふやかしで
試してみました。
ところが全然改善の兆し無し。仕方がないので、ゴハンを
混ぜてみました。
すると効果テキメン。血は出なくなり、少しウンチに形が。
下痢は下痢ですけど。

そのまま続けること一週間。ようやくウンチが固くなり一安心。
そこでゴハンを抜いて、大丈夫なのを確認して、今度はドライに。
大丈夫でした。結局、一週間とすこしかかりましたが、慣れてくれました。
よかったです。

その過程で、途中すごい毛が抜け始めて、なんじゃこりゃと
思いつつ毎日ブラシをしていたら、抜け毛が終わったらすごい毛がツヤツヤに。
そしてものすごい元気。前より健康なような感じです。

最初はフードの種類を変えたのはミスだったかと思いましたが、
結果的には良かったなと思いました。

気づいてみればこの過程は生肉の時といっしょ。
食事って、やはり大事ですね。

2006年08月09日(水)

同じカテゴリの記事 ドッグシッターのこと, 大事

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集