愛護センターのとりくみ

シッター 図鑑 コラム ニュース


先日、「ペットショップで犬を買うことをすすめない」と書いたら、
「じゃあどうやって犬を手に入れるのさ?」という質問がありました。
その答えのひとつがこれです。
http://www.jawn.jp/
環境省の「収容動物データ検索サイト」です。全国の愛護センターに
収容されている動物の情報と、
譲渡可能な動物の犬猫が検索できます。


残念ながらまだ参加している自治体が少ないようですが、
大きな進歩だと思います。愛知県はまだ参加していません。
そして検索も使いにくいです。

正直、愛護センターは本当に愛護をする気があるのか?と
思ってましたし、保護される犬を減らす努力がすこし足りないと
思っていますので。規模の小さなしつけ教室だけでは。

今までも愛護センターに行けば、子犬と、地域によってはおとなしい犬は
抽選で引き取ることができますが、こうやって公開してもらえれば
少しは引き取ってもらえる機会も増える”かも”しれません。

ただ、忘れてはいけないのは、しつけのなっていない子は
譲渡の対象になりません。すぐ殺されます。

今後に期待したいところです。
そのほか、里親探しのサイトもたくさんありますので。
http://www.lifeboatjapan.com/
http://satoya-boshu.net

他にもまだまだたくさんあります。
犬などを飼おうと考えている方は一度参考にしてみてください。

とにかくペットショップはおすすめしません。
それなら死ぬべき命を救ってください。
だいじーに育てているブリーダーを自分で探せるならば、
そこで分けてもらうのはいいかと思います。
必ず自分の目で見に行った方がいいと思いますけどね。

同じカテゴリの記事 愛護センター

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集