容量

シッター 図鑑 コラム ニュース

image

以前にも書きましたが、人それぞれに器というものがあって、犬を多頭飼いするにも、ひとそれぞれのキャパシティがあると思います。


自然体で10頭くらい飼っても平気だろうなあと思える犬にとって理想の飼い主もいますし。
器の小さな自分の場合、基本一頭で限界。精神的にも経済的にも。
容量が大きな人がうらやましいです。

本来レオを幸せにするだけで精一杯。
空はレオと相性が良かったので、出来れば引き取りたくないところを引き取りました。
バルの時は完全に失敗だったと思ってます。

今レオと空を両手に抱えたこの状態。
この上いくら小さくて空とは幼馴染とは言っても、
もう一頭散歩の時にリードを付けられない犬を増やすのはあまりにリスクが高いです。
レオが嫌がるのが見え見えですし。

出来れば長年一緒に暮らした飼い主のもとに置いてあげてほしいんですがね・・

同じカテゴリの記事 うちの子, 大事

アーカイブ

フォローする

カテゴリー
里親募集